この度はプラステージレーベルにご関心をお寄せいただき、ありがとうございます。

当レーベルにつきまして、簡単に説明させていただきます。

※解説項目4にある、オーディションプログラム歌姫Japan.comにつきましては、現在は歌姫NEXTプログラムとして運営しております。

<1>ネット配信メディアを活用しながら、地方を拠点に活動する「歌姫」の可能性を秘めたJPOPシンガー、またはシンガーソングライターの発掘・支援に注力しているレーベルです。

<2>特に、バンド活動ではなくソロ志向のシンガーの活動支援を重視しています。ソロシンガーの場合、概してオリジナル曲でのライブ活動等が困難であることが多く(DTMがかなりポピュラーになったとはいえ、まだオリジナル曲制作の敷居は高い)こういった障壁により、活動の幅に制約を強いられているソロシンガーの支援を積極的に行ってまいりたいと考えております。

<3>諸事情で今は上京はできないから音楽の途は諦めていた、あるいは、ずっと地方で活動していきたい…といった地方居住の方に対して、上京しての活動を必須としない、無理の無い範囲でのセミプロ的活動環境や活動のきっかけの提供を行い、隠れていた有能な才能の掘り起こしを図ります。今の仕事や学業等、メインのステージを壊すことなく、そこに音楽活動のステージをプラスして、無理なく両立して活動する「プラステージ」という概念です。

<4>新人開発を目的としたオーディションとして、歌姫NEXT Female singerオーディションを実施して、審査通過者の音楽に関わる各種活動をサポートしています。

<1>1980年代後半から2000年代初頭にかけてのJPOPサウンドを参考に、サウンドカラーに明確な志向性がある専門レーベルとしての地位の確立を目指します。特に比較的ドラマチックなミディアムバラードやハードPOPSには力を入れてまいります。

<2>アーティストとの音楽的方向性の一致を常に大切にします。(アーティストとレーベルの音楽性の不一致は、お互いに不幸な結果を招きかねません)

オーディションの募集要項とも連動しておりますが、東京と札幌における、地元ローカルで活動している音楽文化に対する受け止め方(風土)の違い、及び、首都圏と札幌圏との圧倒的な人口差によるファンの母集団形成の困難さ(札幌圏は首都圏の約20分の1)等にかんがみ、私たちは『ネット配信メディアの活用』を非常に重視しております。中でも、双方向コミュニケーションによる、ファンとアーティストのリレーションシップ確立の実現が可能な、ツイキャスやShowRoomでのネット配信プロモーションを第一義に考えております。

通常、地方拠点でのプロモーションを考えるとき、まずは地元エリアを対象として、地域媒体への露出によるマスマーケティングと地元でのライブ活動をミックスして組み立てて行くのが一般的かと存じます。これに対して私たちは、対象エリアといった概念を最初から外してしまい、ネット配信メディアを活用して、全国のファンとの双方向コミュニケーションによるリレーションシップを確立して、ダイレクトマーケティングの方向に持って行った方が、初期段階のリクープラインをクリアするための戦術としては、むしろ有利では?と考えております。(地元でのプロモーションが不要だということでは決してなく、あくまで順序の問題です。ネット配信型プロモーションにより、東京でのライブを含めてある程度のアーティスト力を身につけて、その上で地元プロモーションに注力した方が効果的、という考え方です)

ちなみにネット配信メディアにつきましては、マスマーケティング的な効果が期待できる側面と、双方向コミュニケーションによるリレーションシップマーケティング的な効果を期待できる側面、このふたつの面を併せ持つことが特色です。ファンと、アーティストやアイドルとの間の「遠すぎず、近すぎない」距離感…プロモーションにおいては、この微妙な距離感の確保と維持が大切であり、どちらか一方に偏り過ぎてもよくありません。ネット配信メディアは、マス的性格の中に双方向コミュニケーションの要素を取り入れることにより、ファンとアーティストの間の微妙な距離感を実現してくれました。

さらに、配信による双方向コミュニケーションを通してファンになって下さった方は、ライブへの来場やCDの購入等、親身になって応援して下さる可能性が高いことも、ネット配信メディアを重視した販促活動の大きなポイントです。(リレーションシップによるダイレクトマーケティング)加えて、ネット配信メディアで一定数のリスナーさんやファンを獲得できるか否かは、当該アーティスト素材の将来を占う、ひとつの試金石ともなり得るという側面も見逃せません。

当レーベルにおきましては、当地札幌におけるメジャー以外の音楽文化に対する独特な風土特性を踏まえた上で、ネット配信型メディアの数々の有為性を最大限活用しつつ、「ネット配信メディアを活用した、地方発のレーベルビジネスモデルの確立」を目指して参りたいと考えております。特に札幌におきましては、地元のお店様、企業様の販売促進にご活用いただけるような「エンターテインメント連動型の販売促進企画のご提案」も、将来の重要な目標として掲げ、微力ではありますが、地域経済への貢献といったテーマにも取り組んでまいりたいと考えております。

以上、簡単ではございますが、レーベルコンセプトをまとめさせていただきました。どうぞよろしくご支援のほど、お願い申し上げます。

合同会社プラステージミュージックコミュニケーションズ